2010年11月27日

Wake On Lan

WakeOnLan(以後WOL)にBIOSの設定だけで
OSは関係ないと思っていたけど、
Linux系はちょっと違うみたい。

でもWindowsでもデバイスマネージャで触る事あるから
一緒・・・なのか?

とりあえずWindowsサーバはBIOSの設定のみで成功。
CentOSではやっぱりダメ。

って事で必要な設定追加。
root権限で

# yum install ethtool


次に

# ethtool -s eth0 wol g


これで、何もエラーが出なければ大丈夫。

ただ再起動をかけると意味が無くなってしまうので、

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

ファイルに追記
ETHTOOL_OPTS=”wol g”

リスタート
# service network restart


これで再起動後でもWOLは正常に動作。
posted by sin at 10:25| Comment(0) | CentOS 5.× | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。